荒野に教会の鐘が鳴り響く。

            荒野に教会の鐘が鳴り響く。

ぐんぐんテンションが高くなる。 ぐんぐんぐんぐん、ぐんぐんぐんぐん……

そこで君が登場するのだ。 これでもかというくらい、めいっぱい 溜まったところで、 グゥワァンという感じで鮮烈に、

「僕にその音楽を貸してください。」 「一〇日で一割の利子を払いますから。」

なにか単純な原因が一つあって それがすべてを創りだしているのだ。

君の中の深い、裏の部分が透けて見えている。 果てしない空間にポツンといるイメージが 生まれる。 無い制限があちこちに見えはじめて 不意に不気味な感覚が表れて、君を 恐がらせたり し始めるのだ……

「彼らを滅ぼしてください。」 「彼らは何も分かっちゃいなんです。」

二年後 あるいは五年後かもしれないが、 ある日を境に君は 率直になるだろう。

「僕らはダンスの歴史を廃棄します。」 「だから新しい動きを与えてください。」 「僕らの中枢神経をのっ取ってください。」

君は全権を握るだろう。 すべてがシンプルになり、 あとは 滑らかに過ぎ去ってしまうだろう。

   

『ゴブリン/3号』