日記のつづき

            A君

(あやしい音響システムの発明者) を怒らせると、ちょっと恐い。

昨日も、100人の 音の女の子を ぼくのまわりに配置した。

しかも 夜中の2時半に!

ぼくは正座して、ビートルズを聞きながら いつものアナウンサーじゃない 6時のニュースを見ていた。

高円寺で、ウイルスが売買されて 新しい文化が生まれるでしょう。

高円寺ならすぐ近くじゃん! 知ってた? ねぇ、ねぇ、聞いてる?

100人の音の女の子の中の1人が なんか言ってる。

よくわからないから ムシして 日記のつづきを書くことにしよう。

……そして勇気をだして U子さんにプロポーズしたら U子さんは 「地下鉄のすべての空洞が 甘いラベンダーの香りでいっぱいになったら ……その時に、お返事します」 と、たおやかにおっしゃった。

まったく、なんて優しい人なんだろう!    

詩と思想/2001.10』