女の子とライターとリンゴ

            夏なのに

表参道に、枯葉がつもっています。 日焼けしたマッチ売りの女の子が タンクトップで タケフジのマッチを配っています。 「マッチはいかがですかぁ?」 ぼくはマッチを受け取って、代わりに ニコルのライターをかごに入れました。 高くはないけど、とても 気に入っていたやつです。

「彼女は、何に凍えて死ぬのだろう?」 と、ふと考えました。

青山通りにさしかかると りんごの香りがしてきました。 エレガントな作業服を着た紳士が、青空の下 りんごの収穫で汗を流しています。 「おひとつ、いかがですか?」 と言って、りんごを三つさしだしました。 ぼくは、お礼を言って、りんごを二つ 受けとりました。 そして、大きい方のりんごをかじりました。 すばらしい、りんごです。 おばあちゃんが作ってくれた 自家製りんごジュースの味です。

「そうだ! もう一つは、あの子に あげることにしよう!」 と、ぼくは思いました。

     

「現代の風俗をうまく取り入れている。しかもそれを批判したり、距離を持つのではなく、むしろ共生(?)しようとする自然さが、やわらかなものを感じさせる。」 柳生じゅん子「読者投稿作品・選評」『詩と思想/1999.12』p107。