時間の流れ具合

            時間の流れ具合がかわるのです。

熱とは違った種類の寒気を感じるでしょう。 止まった光がゴミを美しく輝かせています。 誰も居なくなってしまいますが、 あらゆる人のことが分かるようになります。 背表紙の活字は規則正しくじっと待っています。 何か話したがっているのです。 心が静まるのは混乱する前兆です。 燃料が1になるまえに 動いている光の中に出かけなければなりません。