星と自転車と人工衛星

            見上げると、オリオン座と冬の大三角形が、くっきり見えた。

スバルもその横にいる。 雲一つない、キリリとした濃紺だ。 向こうに北斗七星もいるはずだが、時間がない。 自転車をゆっくりこぎながら見ていると、人工衛星が、スゥーと移動するのが見えた。 いつも5時30分には出ているのに、今日は少し遅れて、33分くらいに出たのが良かった。 流れ星を見るのとは、ちょっと違った幸福感だ。 人工衛星が向こうに行ってしまうまで見ていたので、もう37分になってしまった。 急がないと。 この時間は車がほとんど通らないので、ツールドフランス気分で、道の真ん中を気持ちよく飛ばした。 調子に乗って、暴走族みたいに、蛇行運転もしてみた。 右上を見ると、オリオンと大三角形が並走してくれている。 スバル君も後ろから来ているはずだ。 ふと左を見ると、一つだけオレンジ色っぽい、目立つ星がある。 あれが噂の明けの明星かな。 ガソリンスタンドの時計を見ると、5時50分になっている。 間に合わないことはないが、いつもより5分遅れている。 坂を一気に駆け上がる。 あとは一気に下ったら到着だ。 オリオンと大三角形が 小さく消えそうになっている。 スバル君はもう見当たらない。 じゃあね。 みんなありがとう!